VIPライナー乗車体験談

グランシアファースト乗車レビュー(2018年8月)

更新日:

2018年8月、東京での仕事の帰りにグランシアファーストに乗ったのでレビューをしていきたいと思います!

 

出発は東京VIPラウンジから

19:00に新宿で仕事が終わり、グランシアファーストに乗るために東京VIPラウンジへ向かいました。

新宿ではなく東京VIPラウンジを選んだ理由

新宿で仕事が終わったならば、新宿からVIPライナーに乗ればいいじゃないって思いませんか?

実際に、バス選びで新宿発のロイヤルブルーとかなり迷いました。

しかし、最終的に東京VIPラウンジ発にした理由2つあります。

シャワーを浴びたかった

会議室内での仕事でしたが、東京はこの日も30度を越す暑さ。

なんとかしても汗を流して寝たかったのでシャワーのある東京まで移動をしました。

夏は帰ったらすぐにシャワーを浴びるので、いつもどおりの行動が出来るので、とても楽でした。

時間つぶしには東京VIPラウンジのほうが都合が良い

東京VIPラウンジは、個上がりや大広間など、靴を脱いで、足を伸ばせるスペースがあるので長時間の時間つぶしには楽チンです。

さらに、漫画や雑誌などが多くあるので、3時間ほど滞在をしましたが、時間をもてあそぶことなく、自宅のように過ごすことができました。

VIPライナー受付の利用方法

VIPラウンジに到着したら、まずは乗車の受付です。

受付はPCで自動です。

希望の受付方法をタッチしましょう。

QRコードや名前での受付も出来るようですが、個人的には電話番号の受付が簡単なのでいつも電話番号でだけで受付してます!

受付が完了するとプリンタからこのような乗車券が出てきます。

乗車券はシャワーの受付、乗車時の確認、到着時でのラウンジを利用する際に必要なのでなくさないようにしましょう!

この発券が終わればあとは自由時間です。

再集合はラウンジに出発時間の20分前です!

グランシアフーストへ乗り込む!

23:30発のグランシアファーストでしたので、予定通り、23:10頃に館内放送で呼び出されました。

全員集合したのを確認したら、バスまで歩いていきます。

バスまでは徒歩5分、はぐれないようにしっかり着いていきましょう!

そして、いざグランシアファーストへ乗車です!

はじめてグランシアファースト乗るのにうきうきして、出発前のバスの写真撮り忘れてしまいました・・・。

乗る前にキャリーケースをトランクルームに預けます。

到着地ごとに荷物が整理されているので、預けるときには降りる場所を伝えましょう。

伝えると、写真のような番号札がもらえます。

番号札があると荷物のとり間違いもないしいいですよね!

それに、腕につけられるのでなくさないのでGoodポイントです。

グランシアファーストの座席

今回は7C一番後ろの左側の席を予約しました。

最後部の席は休憩時も誰も横を通らないのがメリットです。

休憩のときの人通りが気になる私にとっては、とっておきの席です。

そして座席の写真はこんな感じ!

革のシートで高級化たっぷり!!

横から見るとこんな感じです。

ちなみに、フットレスト、レッグレスト、リクライニングはボタンで操作します。

そして、いざ着席!

前には特大のモニターがあり、映画やゲームも楽しめます。

なにより、まっすぐ足を伸ばしても余裕なのはうれしい!!

カーテンにはハンガーがあるのでジャケットがあってもしわになりません。

通路側のカーテンをしめるとほぼ個室の完成。

お気に入りの場所なので、本当に静かに過ごすことが空席があれば予約をおすすめします♪

グランシアファースト出発!

バスに乗り混んで、23:30になったら大阪に向けて出発です!

ここでグランシアファーストの時刻表をおさらい。

出発/到着地 時刻
大宮 22:20発
東京 23:30発
横浜 24:30発
海老名SA(予定) -
浜松SA(予定) -
びわ湖大津PA -
新大阪 7:50着
大阪 8:10着
なんば 8:30着
堺東 9:15着

東京からは横浜と3回休憩を挟んで大阪各地に到着です。

実際に各SAもしっかり把握しようと思いましたができませんでした・・・。

なぜならシートが気持ちよすぎて、たった10分で寝てしまったんです。

横浜に着いたのも、消灯の案内も知りません・・・。

恥ずかしながら・・・

出発/到着地 時刻
東京 即、寝落ち
横浜 爆睡
海老名SA(予定) 爆睡
浜松SA(予定) 爆睡
びわ湖大津PA 起床

ということで、休憩はもう明るくなった大津からしかレビューができませんでした(涙

休憩は15分ほど

サービスエリアに着くと、放送は無く、少しだけ室内が明るくなります。

そして、運転手さんから出発時間の確認と写真のようなバスの特徴とナンバーの入ったをもらいます。

同じようなバスが何台もあるから迷わなくて安心。

このカードが全部返却されないと全員そろっていないので出発しないということで乗り遅れの防止策がしっかりされているので安心です。

休憩時間は15分なので、トイレ、ハミガキ、ジュースなどは買う時間はありそうですが、どうしてもお腹がすての食事は難しそうです。

どうしても、お腹がすいたらパンをバスの外で食べるくらいがちょうど良さそうです。

新大阪・大阪に到着!

新大阪にはほぼ定刻で到着しました。

VIPラウンジも無いのに、半分くらい人が降りていくのがはちょっと不思議でしたが、謎はすぐに解けました。

新大阪から大阪はバスで移動すると結構時間がかかるんです!

電車で移動すれば、新大阪~大阪はたったの5分。

しかし、バスだと20分ちょっとかかりました。

大阪VIPラウンジに寄る用事がなく、目的地に急ぐのであれば、大阪より新大阪のほうが人によっては便利なようです。

グランシアファースト乗車まとめ

VIPライナーの最高級ブランドでビジネスクラスのようなシートのグランシアファースト。

そこまですごいもんじゃないだろうと思っていたら、乗車10分後に爆睡ができて朝まで目が覚めない、超快適なバスでした。

平日ならば6,000円~、休日でも8,000円~という値段は安すぎるように思えました。

私は、10,000円程度でもグランシアファーストを選びたいです。

間際割で席が残っていれば、たった5,600円で乗れるので、直前にあまっていたら即予約がおすすめですよ!

 

-VIPライナー乗車体験談

Copyright© VIPラウンジの上手な利用方法 , 2018 All Rights Reserved.